横浜で会社設立する際の相談相手

司法書士、行政書士、税理士などなど、会社設立の力になってくれる士業はたくさんありますよね。
実際に会社設立となった場合、どの士業に相談すれば良いのでしょうか?

田舎であれば、「近所に税理士事務所があるからそこに相談する」といった選び方も普通です。
「そもそも町内に法律事務所がほとんど存在していない」という町もありますし、近所づきあいの延長で無資格の有識者に相談することも珍しくはないでしょう。
しかし横浜のような超大都市の場合、近所だけでも各士業の事務所が揃っている場所も多いですよね。
さらに交通の便が良いので、少し足を延ばした先にある事務所も選択肢に入れやすくなっています。
選択肢が多すぎて、かえって迷ってしまうと言う人も多いでしょう。

そんなときに考えるべきは、やはり「自分の会社設立の場合はどの士業が適しているか?」というポイントになります。
迷ってしまうほどたくさんの法律事務所が存在しているということは、自分の会社設立に最適な士業の事務所を選ぶことが可能であると言うことなのです。

たとえば書類作成のみでなく、登記申請まで依頼したいと言う場合なら、選択肢になりやすいのは司法書士です。
登記申請の代行は司法書士と弁護士のみに許されている業務で、とくに司法書士はその専門家になります。
飲食など許認可の必要な業種の場合は、行政書士が得意分野なので依頼する人が多いですし、とりあえず書類作成のみ任せて会社設立後の税理も同じ事務所に任せたいという場合は、税理士に依頼し顧問契約を結ぶ代わりに会社設立に関わる業務を格安で請け負ってもらうことが多いです。

このように相談するべき専門家というのは、ケースバイケースで大きく違ってきます。
せっかく選択肢の多い横浜で会社設立するのですから、自分のケースに最適な相談相手をまずは絞り込みましょう。
そして各事務所をよく比較して、真摯に対応してくれる事務所を選ぶようにしてください。
法律家も人間ですので、最終的に大切なのは人格なのです。