会社設立による名前の付け方

 

・英語表記か日本語表記か
会社設立の際、重要となってくるのが名前の付け方ですよね。
まず先に考えておきたいのが、英語表記なのか日本語表記なのかという点です。
近年は外国人も多く日本に入ってくるようになり、会社名も日本名から英語名に変更している企業は増えています。
昔は英語などの発音はカタカナ表記にしているところもあったのですが、英語表記にしているところが圧倒的に増えてきている印象です。
また、漢字表記の場合であっても、ローマ字表記にしているところが増加しています。
このように、近年はよりグローバル社会に対応した会社名にすることが多くなっているのです。
会社の名前に困っているという方は、将来の展望も含めて英語にしてみてはいかがでしょうか。
もちろん、日本でまずは認知されないと意味がないので、そこは意味がしっかりわかりやすいものにすることをおすすめします。
極力は発音が簡単でシンプルなものが良いです。

 

・わかりやすさを重視
会社の名前に関しては、わかりやすさを重視してください。
多くの企業がやっている方法としては、会社名がそのままブランド名になっているというものです。
これは多くのブランドで見られるものなのですが、会社の名前がネームバリューを持つだけで、やはり市場では有利に動くことができます。
そのため、わかりやすくて覚えてもらいやすいものにすると良いでしょう。
そうすれば、事業内容によって「このジャンルなら〇〇だ」と認識してもらいやすくなります。
また、わかりやすい会社名だと、その分認知されるのも早いです。
あまりにも長いものや難しいものなどは、覚えてくれる人もいません。
極力はシンプルなものにし、相手に一瞬で伝わるような名前にするのが良いでしょう。
ただ、どうしてもこだわりがあるという場合は、その限りではありません。

 

・意味のあるものを採用
稀に企業の中には、まったく意味がなさそうな名前を採用しているところもあります。
造語だったり、意味が通じない言葉だったり、発音だけが良いものだったり、色々なものが会社名となっています。
もちろんそれも悪くないのですが、しっかりと考えて決めないと、やはり意味が通じなくて苦労することも多くなります。
事業内容に合わせて、まずは何個か候補を出してみてください。
また、公序良俗に反するものは名前として認められないので、そこは社会常識を守った上で決めていくようにしてください。