会社設立による名前の付け方

 

・英語表記か日本語表記か
会社設立の際、重要となってくるのが名前の付け方ですよね。
まず先に考えておきたいのが、英語表記なのか日本語表記なのかという点です。
近年は外国人も多く日本に入ってくるようになり、会社名も日本名から英語名に変更している企業は増えています。
昔は英語などの発音はカタカナ表記にしているところもあったのですが、英語表記にしているところが圧倒的に増えてきている印象です。
また、漢字表記の場合であっても、ローマ字表記にしているところが増加しています。
このように、近年はよりグローバル社会に対応した会社名にすることが多くなっているのです。
会社の名前に困っているという方は、将来の展望も含めて英語にしてみてはいかがでしょうか。
もちろん、日本でまずは認知されないと意味がないので、そこは意味がしっかりわかりやすいものにすることをおすすめします。
極力は発音が簡単でシンプルなものが良いです。

 

・わかりやすさを重視
会社の名前に関しては、わかりやすさを重視してください。
多くの企業がやっている方法としては、会社名がそのままブランド名になっているというものです。
これは多くのブランドで見られるものなのですが、会社の名前がネームバリューを持つだけで、やはり市場では有利に動くことができます。
そのため、わかりやすくて覚えてもらいやすいものにすると良いでしょう。
そうすれば、事業内容によって「このジャンルなら〇〇だ」と認識してもらいやすくなります。
また、わかりやすい会社名だと、その分認知されるのも早いです。
あまりにも長いものや難しいものなどは、覚えてくれる人もいません。
極力はシンプルなものにし、相手に一瞬で伝わるような名前にするのが良いでしょう。
ただ、どうしてもこだわりがあるという場合は、その限りではありません。

 

・意味のあるものを採用
稀に企業の中には、まったく意味がなさそうな名前を採用しているところもあります。
造語だったり、意味が通じない言葉だったり、発音だけが良いものだったり、色々なものが会社名となっています。
もちろんそれも悪くないのですが、しっかりと考えて決めないと、やはり意味が通じなくて苦労することも多くなります。
事業内容に合わせて、まずは何個か候補を出してみてください。
また、公序良俗に反するものは名前として認められないので、そこは社会常識を守った上で決めていくようにしてください。

会社設立で必要となる金額

 

会社設立は「1円起業ができる」「0円起業も可能」と聞いて、「自分でもできるかな」と思っている方も多いのではないでしょうか。
確かに事業内容によっては1円起業や0円起業もできてしまうかもしれません。
しかし、それは個人事業主やフリーランスに限ったことだと思っておくと良いです。
やはりしっかりとした企業としてやっていくためには、ある程度の費用が必要となります。
特に会社設立の場合は完全に費用をかけずに行うということは、まず無理です。
そこはしっかりと理解して必要となってくる金額を計算していくようにしましょう。
しかし、具体的にどのようなところに費用がかかってくるのかがわからないという方も多いかもしれません。
まずは、それらの点をしっかり考えてみて、その上で金額も計算するようにしましょう。

会社設立で必要となってくるのが、会社や企業としての手続きや申請です。
この際、色々と必要となってくる費用があります。
例えば定款を作成して認証してもらうためにも費用がかかりますし、他にも印紙としての費用がかかってくることもあります。
その他、資本金を用意する場合も、結局は金策が必要となりますし、店舗や事務所を持つ場合にも費用は必要となってくるでしょう。
そのため、正直に言うと具体的な金額を提示するということはできません。
金額はどのように会社設立をするかによって大きく変わってくるのです。
当然ですが、設備が必要な場合はその設備投資も必要ですし、人材が必要な場合は人件費もかかってくるでしょう。
企業としてやっていくからには、それらの費用についてもしっかりと理解しておくことが必要となってくるのではないでしょうか。

ちなみに、これらの金額に関しては安くするということはできません。
ただ、必要となってくる費用を削減するための作戦は、色々と立てていくことができます。
その場合は、司法書士や行政書士、税理士などを活用してみると良いでしょう。
これらの専門家は、相談者の有利になるように動いてくれます。
もちろん専門家に依頼する場合には費用もかかってくるので、結局はある程度の出費についても考えておくことが必要となりますね。
それぞれ費用に関しては必要となってくるので、自分たちに必要となる資金に関してもしっかりと計算しておきましょう。
その他、国の補助金や助成金を活用すれば、金策としても有効です。
まずは総合的な収支のバランスを考えて会社設立をしてください。

会社設立!資本金払込みを証する書面

 

会社設立の際に必要となる、資本金の払込みを証する書面とは、どこで発行してもらえるのでしょうか?
この書面は、正式には、資本金払込証明書といい、銀行に資本金となるお金を振り込んだことの証明書になります。
振り込む口座は発起人の口座ということになり、振い込みが正常に行われたことを代表取締役が証明する書類を作成する流れになります。

この書類は銀行にもらうか、インターネットでダウンロードして印刷して、紙の書面にする必要があります。
その時には、発起人名義の口座を用意しておくことが必要です。
書類を作成する手順は、まず入金が終わったら通帳のコピーを取ります。

通帳のコピーは、表紙と、見開き1枚目のページにある氏名と口座番号が書いてあるページ、入金した金額が記載されてあるページの3通をコピーします。
証明書には必要事項を記入して、代表者印を押します。
この時、印鑑届出書に登録する代表者印が必要になりますので、事前に用意しておきましょう。

ちなみに、資本金の払い込みは、定款の認証を行ってから行うのが決まりです。
実際には、間違えて順番が逆になっているケースが多いようですが、トラブルがないよう正しい手続きの順番を守るようにしましょう。
後は、本のようにホチキスで各ページを止め、割印を押して完成となります。
ちなみに定款というのは、会社のルールを決めた文章のことであり、これを公証人役場に登録することを定款の認証と言います。

これを行わないと、手続きが進みませんので、登記手続きをやる上で一番先に定款の認証を行ってください。
ちなみに定款の認証は、手数料が5万円と収入印紙代4万円の計9万円が通常ならかかるのですが、電子定款をすれば収入印紙代が無料になります。
ですので、費用を節約したい場合は、電子定款を選ぶことをお勧めします。

電子定款なら、専用の作成サービス等を利用すれば、簡単に作ることができますので、そういったサイトサービスを利用してみてください。
会社の細かなルールを精査する必要がある場合は、専門家に依頼して代わりに作ってもらうか、作ったものの内容を確認してもらった方がいいでしょう。

定款には、株式の発行可能枚数や株式発行数、非公開会社か公開会社かなどについて非常に重要なことを定めていますので、一つ一つ確認しながら作成をするようにしてください。
仮に公開会社にしてしまうと、株式が譲渡できる状態になってしまいますので、第三者に株式が譲渡されてしまう危険性があります。

そうなってしまうと、何も対策を講じていない会社では、会社が乗っ取られてしまう恐れがありますので、定款の中でも慎重に明記しなければいけないポイントとなります。
このように、会社を設立する時には重要な書類を取り扱いますので、慎重に登記手続きを進めるようにしましょう。

会社設立に必要な最低費用

 

会社設立を考えている方の頭を悩ませるのは、やはり必要となる費用です。
そもそも会社として設立させること自体は、そこまえ費用をかけずにおこなうことができます。
しっかりとした定款があり、会社として運営していくだけの事業規模があり、それでいて国から認められれば、誰でも会社を設立することは可能です。
そこに費用自体はそこまでかからないようになっています。

日本はより経済発展するために、多くの会社に対して優遇措置をおこなっています。
近年はインターネットが普及したこともあって、より簡単に会社設立ができるようになり、さらに時代は加速していると言えるでしょう。

ただ、会社設立に関しては、必要となってくるコストもそれぞれ違います。
最低費用を考えることは重要ですが、それよりもまずはどれくらいの費用がかかってくるのかについて知っておくことが必要となります。

まず、会社設立のために必要となってくるのが資本金です。
資本金は近年ほとんどなくても会社設立ができますが、やはり今後も運営していくためにはある程度の資本金が必要となります。

それを用意するだけでも数百万円~数千万円単位のお金が必要となってくるでしょう。
多くの場合は銀行から融資してもらったり、株主を集めたりすることで対処しま
す。
しかし、それらが難しい場合は、他の方法で会社として設立させる方法もあります。

特に近年はITの進化が加速し、パソコン1台あれば会社としての仕事ができるということも多くなっています。
会社にした方が節税になるということで、税金対策で会社設立している方も増えているのです。
そうなれば、資本金はもちろん、他の費用もほとんどかけずに会社設立が可能となります。

しかし、事業内容によって必要となってくるものは違ってきます。
会社設立だけなら費用もそこまでかかりませんが、事務所を借りたりする場合は費用がかかりますし、備品が必要な場合はそちらも費用となります。

もちろん、それらは経費として計上できるので良いのですが、それでも最低費用がどれくらいになるかどうかは、しっかりと考えておくことが必要となるでしょう。
そのための計算に関しては大まかでも良いですが、できれば専門家と相談しながら決めていくことをおすすめします。
会社設立に関しても、近年は代行などのサービスがあるので、そちらも活用してみてください。
専門家であれば、最低費用で会社設立する方法を提示してくれるはずです。

自分で横浜に会社設立がおすすめのケース

たとえば、横浜在住の個人事業主が法人成りをする場合です。
将来的にも事業拡大する予定がなく、社員も自分のみ、パソコンも得意、というケースはかなり多いですよね。
個人事業主として事業が軌道に乗ってきたので、税金対策として合同会社を立ち上げるパターンです。
このケースですと通常は顧客も確保できていますし、業務もほぼ今まで通りに継続してゆけば問題ありません。
“自分で横浜に会社設立がおすすめのケース” の続きを読む

横浜での会社設立で代行がおすすめのケース

「株式会社設立」「社員や出資者が複数存在する」「パソコン操作が苦手」この三つのどれか一つでも該当項目があるのであれば、最低でも書類作成は専門家に依頼するのがおすすめです。
まず株式会社を設立する場合ですが、株式会社は一般的に会社立ち上げ時から複数の社員が存在しています。
出資者、つまり株主も社外に複数存在していることが多いですよね。
そうなると「定款」の内容が非常に重要になります。
株主総会などの取決めなど、細かい部分が後々会社運営に大きく影響してくる可能性が高いからです。
“横浜での会社設立で代行がおすすめのケース” の続きを読む

横浜での会社設立と補助金

横浜で会社設立する際に、必ず把握しておきたいのが補助金や助成金です。
補助金、助成金と言ったお金は、単純に「貰えるお金」です。
融資を受けた場合には必ず返済しなくてはなりませんよね。
借金ですから当然のことです。
しかし補助金や助成金は「貰えるお金」ですので、返済は必要ありません。
貰えるお金であれば貰った方が得なのは小学生でも理解できますよね。
“横浜での会社設立と補助金” の続きを読む