会社設立!資本金払込みを証する書面

 

会社設立の際に必要となる、資本金の払込みを証する書面とは、どこで発行してもらえるのでしょうか?
この書面は、正式には、資本金払込証明書といい、銀行に資本金となるお金を振り込んだことの証明書になります。
振り込む口座は発起人の口座ということになり、振い込みが正常に行われたことを代表取締役が証明する書類を作成する流れになります。

この書類は銀行にもらうか、インターネットでダウンロードして印刷して、紙の書面にする必要があります。
その時には、発起人名義の口座を用意しておくことが必要です。
書類を作成する手順は、まず入金が終わったら通帳のコピーを取ります。

通帳のコピーは、表紙と、見開き1枚目のページにある氏名と口座番号が書いてあるページ、入金した金額が記載されてあるページの3通をコピーします。
証明書には必要事項を記入して、代表者印を押します。
この時、印鑑届出書に登録する代表者印が必要になりますので、事前に用意しておきましょう。

ちなみに、資本金の払い込みは、定款の認証を行ってから行うのが決まりです。
実際には、間違えて順番が逆になっているケースが多いようですが、トラブルがないよう正しい手続きの順番を守るようにしましょう。
後は、本のようにホチキスで各ページを止め、割印を押して完成となります。
ちなみに定款というのは、会社のルールを決めた文章のことであり、これを公証人役場に登録することを定款の認証と言います。

これを行わないと、手続きが進みませんので、登記手続きをやる上で一番先に定款の認証を行ってください。
ちなみに定款の認証は、手数料が5万円と収入印紙代4万円の計9万円が通常ならかかるのですが、電子定款をすれば収入印紙代が無料になります。
ですので、費用を節約したい場合は、電子定款を選ぶことをお勧めします。

電子定款なら、専用の作成サービス等を利用すれば、簡単に作ることができますので、そういったサイトサービスを利用してみてください。
会社の細かなルールを精査する必要がある場合は、専門家に依頼して代わりに作ってもらうか、作ったものの内容を確認してもらった方がいいでしょう。

定款には、株式の発行可能枚数や株式発行数、非公開会社か公開会社かなどについて非常に重要なことを定めていますので、一つ一つ確認しながら作成をするようにしてください。
仮に公開会社にしてしまうと、株式が譲渡できる状態になってしまいますので、第三者に株式が譲渡されてしまう危険性があります。

そうなってしまうと、何も対策を講じていない会社では、会社が乗っ取られてしまう恐れがありますので、定款の中でも慎重に明記しなければいけないポイントとなります。
このように、会社を設立する時には重要な書類を取り扱いますので、慎重に登記手続きを進めるようにしましょう。